ストレス・フリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 狂った評論家 〜序章〜

<<   作成日時 : 2013/02/08 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

二郎インスパイア系。


まぁ〜簡単に言うと東京にあるラーメン二郎のパクリ系。

ラーメン二郎は脂こってりーの野菜超山盛りに豚肉どーん!!
みたいなラーメンだ。
インスパイアはさらにそこから店それぞれの改良が加えられている。
他にも亜流というのもある。 が、その境目はよくわからない。 


基本的なスープは豚骨醤油。
脂の量はスープの表面に脂の層が3mmくらい出来ちゃうクラス。
野菜はもやしとキャベツ。もやし率高し。
豚肉(チャーシュー)は店によって使う部位が違う。ロースやらバラなど

そこから各トッピングの量を調整でき
「ヤサイマシマシニンニクマシマシアブラマシカラメ」 は
もはや何か呪いの呪文に似ているw 
めんどくさいときは「全マシ」で良い。

トッピングも店により違いはあるが
野菜・脂・ニンニク・カラメ・カラシ等ある。 これらは無料トッピング。
有料なものもあり
魚粉・カレー粉・半熟卵・味玉・うずら・チーズ・肉マシ ETC




んが!!
マシマシを唱えてしまったら・・・


画像



こんなのが出てくるw

しかも食べ残し厳禁だ。
以前は残すと罰金をとる店もあったようだが、最近は罰金を
聞かなくなった。 
しかし食べ残すと店員からの視線が痛い (-_-メ)

良心的だと提供される前に店員から
「ヤサイマシマシ」はこんなのですがと見せられる。
大抵の客はそこで遠慮してしまう。


俺?
俺は楽勝で完食できるw





そんなラーメン屋が主張先に数件ある。
その中で俺の好きな店は3軒ある。
更にその3軒中2軒へは必ず週に一度以上行く。


週に最低2軒・・・。






以下 ウィキより一部抜粋。


ジロリアン


一部のラーメン二郎ファンを「ジロリアン」と表現することがある。
該当する条件として下記の内容が挙げられている。

<熱狂的ファン>
  「ラーメンが好き」というのではなく「ラーメン二郎が好き」で
  通常のラーメンでは満足できずにラーメン二郎を食べ歩く人。
  魅了された人、傾倒し、こよなく愛する人。
  ソウルフードにしている人。
  勝手にルールを作るカルト的なファン。

彼らの多くが
「二郎のラーメンが特別に美味しいわけではないが、食べずにいられない」
「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」
といった価値観を持っている。
ラーメン二郎を食べることを修業とし
巡業のように何度も訪れたり各地を回る信者のよう。

また、ラーメン二郎は他の多くのラーメンチェーン店と違って
店舗ごとに味が異なるため、ジロリアンたちは様々な店舗を訪れて
その味の違いなどの情報交換をインターネット上(ブログなど)で行って
コミュニケーションの素材として楽しんでいる。
このように、一部の人はラーメン二郎を
「勝手なルールを元にしたゲーム」のように
消費している面があるという。

           

                  〜 以上 〜



上記を俺に当てはめてみると・・・。

二郎系は大好きだw
通常のラーメンではもう満足できない。
こよなく愛しちまっているw 週に一度食わないと禁断症状が出る。
ソウルフードではないな。 俺のソウルフードはすき焼きだw
(※ソウルフード:日本の味噌汁やおにぎりとか韓国のキムチなど)

勝手にルール・・・作ってるわw 
カラシを投入するタイミングや量とか、どこに入れるかまで決めている。
他にもニンニクを混ぜるタイミングとか 俺流のルールがある。





俺もジロリアンか・・・

まぁ〜いいけどねw



次回

そんな俺と二郎(インスパイア)の物語。   始まります。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
むかし岡山にいたとき
あったぞ。
こんなのににたラーメンが。

山盛りでソフトクリームのようにのっかてるもの
それは
チャーシューなんだけどなw
それで700円だった。

今もあるかはわからない。
当時は、こういうのが大して珍しくなかったから。

でも改めて見るとキモいな
ぴよあじ
2013/02/11 02:43
きもいっていうなw

我らジロリアンを敵にまわす気か!!
nirubanana
2013/02/11 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
狂った評論家 〜序章〜 ストレス・フリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる