ストレス・フリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 狂った評論家 〜3〜

<<   作成日時 : 2013/02/10 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「ニンニク入れますか?」


これがこの店でラーメンが完成する直前の合図。



無料トッピングであるニンニクを入れるか入れないか
確認される。


「お願いします。」 と答えたら
二郎系で言う 【ニンニクマシ】 が成立する。

ニンニクが欲しくなければ断れるし 「少な目」と答えることもできる。
逆に「多めで」 と答えると 【ニンニクマシマシ】 が成立する。



本当は「多め」が良かったが、無料に後ろ髪をひかれ
「お願いします」 と答えた。


通常の俺なら 「ニンニク多めの野菜多めでw」 と言っている。
【ヤサイマシマシニンニクマシマシ】である。


この画像がまさにそれになる。
画像



この野菜の麓にちりばめられた白いちいさな粒が
すべて刻みニンニクであるw




今回はつけ麺なのでまったく別である。



つけ麺のつけ汁がまず出てきた。



『ん? こ、これはっ・・・!! まっ、まさかっっっっ!!』





つけ汁から独特な魚の匂いがしなかった。

つけ麺 = 魚介 といっていいほど 
つけ汁は魚介に支配されている
このラーメン界だが、こいつは違った。



『こ、こいつは・・・豚か?』




その時、店の入り口の扉が開き新たな客が2名入ってきた。
閉店10分前である。



「あ、あれ?」


新客も店の雰囲気の違いに勘付いたようで戸惑っていた。



『こいつらも常連か・・・店長どーすんだ?w』




「いらっしゃいませ。」

店長は俺同様、こいつらも迎え入れた。


その後、もう一人閉店時間後に入ってきた。


それでも店長は迎え入れた。



『この人は・・・商売をよくわかっている。
 なら俺は、なおさら今日の正直な感想を伝えねばならない。』




つけ汁着丼から少し遅れて麺が来た。


いよいよ俺の試食開始である。



麺が短く箸でとるのに少し難儀した。
まぁ〜つけ麺は一口ずつ食うのが定義らしいので
これはこれで間違っていないのだろうが、食い方に定義ってのも
なんだかな〜と思ってしまう。


まず一口。 



『・・・。』

『・・・・・・。』

『・・・・・・・・・・。』


二口目。


『・・・。』

『・・・・・・。』

『・・・・・・・・・・。』



三口目。


『・・・。』

『・・・・・・。』

『・・・・・・・・・・。』


と続けていき、4分の1くらい麺を消費したとき。


状況が一変した。



『あっ、あれ?なんだ?これ?  味が・・・急に変わった・・・。』


それを確かめるため、もう一口食う。


『う、うめぇーーー!!!! なんだこれ!! やばい・・・
 はまるわこれ・・・・!!』




そこから最後の麺1本まで、無心で食った。


スープも飲もうか考えたが、脂こってりなのでやめておいたw





店によっては、麺を食い終えた状態のスープにご飯を入れて
【スープ割り】なんてのも出すところもある。

ここでそれはなかった。




デコの汗を拭き
箸で丼ぶりの底を漁り、食い残しがないか確認しつつ
自分の食べた感想を心にまとめた。


食事は一瞬だが、これを生み出すのにどれだけの
苦労があったのだろうか・・・。

客からうまい!!と認められるよう試行錯誤したのが
このラーメンから感じ取れた。

頭が下がる。


たかがラーメン。
されどラーメン。


一人の男がこの道に人生をかけている姿が見えた。



俺は箸を丼に置き、その丼をカウンターに上げた。


自分のいた場所のテーブルを湿った備えおきの台拭きでふき取り
席を立ちあがる準備を終えた。



席を立ち椅子をカウンター下に押し込んだ。





顔をあげて、俺は厨房にいた店長を見た。



店長も俺を見た。







そして・・・。
店長の目を見ながら、俺の口が動いた。


    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・




店長が笑う。

俺も笑った。


そして振り向いて店の出口へ向かった。



「ごちそうさまでした。」 と、ドアを閉めながら
いつもの言葉をのやりとりをする。



「ありがとうございました。」  


店内からいつものように礼を言われたが・・・そりゃ俺のセリフだw




また来週いくぜ?





俺はこの日の晩に味わった味覚を
店長の笑顔と一緒に心に刻み込んだ。







                       終了











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時


だね


先日、所長から仕事で戦力外通知をもらってしまったよ。
現時点で戦力外という意味で。
で、2ヶ月(年度内)で成長が見られない場合は帰国。
正直、2ヶ月で劇的な変化は望めない・・・。
あきらめたくもないが、現実もある。
ショックだよ。
また、電話でもするわ。
ぴよあじ
2013/02/11 03:01
そっちの状況が見えないから、客観的視点でものを言わせてもらう。


異国で働くストレスはかなりのものだと思う。

コミュニケーションの壁。
家族と離れる葛藤。
年齢からくる体力の衰え。
慣れない生活環境・食事

少し考えただけでも次々に問題が浮かんでくる。
そんな社会で自分の力を思いっきり発揮出来るのか?と言えば答えはノーだ。

まず一般ピーポーじゃ、身体壊すか精神を病んで終わりだろーな。
恐らく過去に、そんな連中がたくさんいたんだろーな。
会社もそれは分かっていることだろう。

だが会社はお前を選び、お前もそれに応えた。

2ヶ月で劇的な変化を望めないと言うが、本当にそうか?
やる気次第だと思うがな。
違うかな。


まぁ〜今と同じことを続けていたら変わらないだろう。

そんで何も変えず、このまま日本に戻った時、子供に胸が張れるのか?
とーちゃん負けちまったよ・・・。でいいのか?

今一度、渡米した頃、初期の気持ちを思い出すときではないだろーか。

お前の大和魂は消えたのか?
煮るばなな
2013/02/11 10:39
お前ならそう言うと思ってたよ。

会社の判断のまんま
このまま「はいそうですか」って帰ったって
オレには戻れる場所なんて無いのはわかってる。
日本は日本であれからの1年で大きく動いてる。

やってやるさ、
ちくしょう!
ばか!

くそーーーーーーー!!
ぴよあじ
2013/02/12 01:30
やってやれ。

負けるなよ。

三月にそっちへ行く。
煮るばなな
2013/02/12 01:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
狂った評論家 〜3〜 ストレス・フリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる